メンズ

効率の良い方法で作業|適切な方法でガレキ選別をしよう

廃棄物を処分方法

工場

一般廃棄物はさいたま市では市が直接引き取ってもらえませんが、直接事業所へごみを回収してくれる業者さんはとても頼りになります。業者を選ぶ際は市から許可された信頼できる業者さんを選ぶようにしましょう。

詳しく読む

環境に配慮した事業を営む

解体工事

選別の必要性

建物やビルを解体する時に出るガレキは、処分場に持ち込めば良いと考えがちですが、処分場で受け入れてもらえなくなっています。地球環境を考えた活動が企業に対して求められているので、解体したガレキ選別が必要とされるわけです。ガレキ選別を行うことで、処分場に持ち込む物とリサイクル品として販売出来る物に分けられます。ガレキ選別を行うことによって、木材や金属、コンクリートなど素材別に分けることで、安全に最終処分を行うことが出来るでしょう。ガレキが混ざったままでは、中に様々な物が入り込んでいて時に危険な事態となることもあります。建物を解体した時には家電製品や回収が必要なエアコンのフロンガスまで紛れていてもおかしくありません。なるべく手間をかけずに資源化出来るようガレキ選別を行うことが大切です。

手作業には限界があります

ガレキの選別を行う際には、手作業で目視確認をしながら行なえば、安全性と細かい分別が出来ることは確かです。しかし、手作業では膨大なガレキ選別を行うために人件費が莫大になってしまうでしょう。そこで、重機を使い大型のものは一気にガレキ選別してしまう方法があります。重機を購入すると高いので、レンタルして必要な期間だけ使えば無駄がありません。重機である程度のサイズまで選別した後には、専用の円型振動ふるい機を使えば細かい選別を一気に行なえます。レンタル品も存在するので、最新型が登場した時にはいち早く新しい機械をレンタルしてガレキ選別に回せるので、効率が一気に上がるでしょう。ガレキ選別は機械をレンタルすることで効率アップを図れます。

油脂類の処理はどうするの

作業員

廃油にはその種類の違いは有りますが、主に工業分野で使われた油脂類の産業廃棄物を指します。これらは、以前は焼却処分されたり、河川や宅地に捨てられたりして公害や自然破壊の元凶となっていましたが、現在においては法整備も整い、リサイクルの輪の中で再生資源として生まれ変わるようになりました。

詳しく読む

廃棄物処分に必要な機械

男の人

産廃破砕機のうち一軸式は初期費用やランニングコストが安く、粒子を細かく揃えるのに向いています。また二軸式は大量のゴミを破砕するのに適しています。産廃の種類や1日の処分量に応じた破砕機を選ぶことが大切です。

詳しく読む