廃棄物処分に必要な機械|効率の良い方法で作業|適切な方法でガレキ選別をしよう
後ろ姿

効率の良い方法で作業|適切な方法でガレキ選別をしよう

廃棄物処分に必要な機械

男の人

一軸式のメリット

産廃処分場で用いられる破砕機には、大きく分けて一軸式と二軸式があります。一軸式は一列の刃を回転させて産廃を押しつける方式、二軸式は二列の回転する刃の間に産廃を押し込む方式です。このほかコンクリートやガラスなど、硬くて大きな産廃を破砕する場合は、ハンマー式も用いられます。回転するハンマーで強力に粉砕する方式です。このうち一軸式は構造が比較的簡単で、初期費用もランニングコストも安いため人気があります。破砕後の産廃をふるいにかけ、細かいものはそのまま排出させる一方で、大きなものは再破砕することもできます。そのためゴミを細かく砕かなければならないときや、粒子の大きさを揃える必要があるときに向いています。

処理能力にも着目

二軸式はシュレッダーが大きくなったような構造で、二列の刃の間隔により破砕物のサイズが決まります。大量の産廃を大まかに破砕するのに向いた機械です。刃が二列あって定期的な交換が必要であり、コストが高くなりがちなことや、粒子の大きさを細かく調整しにくいこと等が弱点と言われています。ただし近年では技術改良が進み、寿命の長い刃や二軸破砕機用の選別機も開発されています。異物を噛み込んだときは、自動的に逆回転して刃を守るシステムなども内蔵されています。破砕機を選ぶときは、種類と同時に処理能力にも注意することが大切です。1日の産廃処分量に見合った機械を導入することで、機会損失を減らしエネルギーの節約にもなります。